十勝地方 定番名所

足寄町の松山千春の家は2つあるって知っていましたか?

投稿日:2018年9月16日 更新日:

やはり、芸能人や著名人の生家は観光名所になることが往々にありますね。
足寄が出身のスーパースター
いや、ウルトラスターの松山千春自宅も足寄町を挙げての観光名所となっています。
私は松山千春の家と言えば生家の方を連想しましたが、実はもう一つ家があったと知ってビックリしました。
今回は実際に松山千春の2つの家を実際に見に行ってみました。

松山千春の家の位置と概要

このように千春の家と(株)松山千春事務所と松山千春の家は2つ存在しています。
私は松山千春芸能事務所の方にある方に大昔に行ったことがあるわけですね。

(株)松山千春事務所

多くの人が思いかべる松山千春の足寄町にある自宅となります。
自宅ガレージに画像のような若い時と現在の松山千春の肖像画がデカデカと掲げられています。
表札には2つありますね。

株式会社松山千春事務所
とかち新聞社
松山明
松山千春

ここは観光名所になっているとはいえ民家となっているので、駐車場とかはないですし、敷地内に入ることもできません。
そこで、道の駅あたりに車を停めて歩いて来るか、路上に車を停車してすぐに立ち去るようにするとか配慮が必要かと思います。

 

松山千春の家(映画「旅立ち」ロケセット)

松山千春事務所の方の家は10年ほど前に来たことがあって存在を知ってたのですよね。
しかし、こちらは松山千春の自著が原作の映画「旅立ち~足寄より」に使われてロケセットとなります。
このロケセットを「ないなないな」と探していて、この時代からすると場違いなくらいボロい家があって、それがもう一つの松山千春の家でした(笑)

こちらは松山千春が20代を過ごした家を忠実に再現しています。
ご存知の通り松山千春の実家は小さい新聞社を営んでいて、父親の手伝いをしながら音楽活動をしていました。

 

このロケセットは中に入って見学することができるので、遠慮なく入ってみました。
すると台所の土間にある机に管理人の方がいて挨拶をされました。
こちらはとかち新聞社の事務所だと思われます。

 

玄関の横にある台所です。
石でできたシンクにでっかいカスコンロがありますね。
昭和40年~50年はこのような暮らし向きが表現されていますね。

 

一階の居間にあたる部屋です。
ここは映画のロケの写真や旧足寄駅のものが展示されていました。

 

そして、急な階段を登ると若き日の松山千春が過ごした部屋があります。
薪ストーブに机があって奥にはランプがありますね。
そして、つづらや家具が申し訳程度に置いてありました。

 

松山千春の家の口コミ

松山千春の家の口コミを投稿する!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review


この記事を読みましたら応援のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村


北海道道東の交通情報をマップにしてみました!
↓↓↓↓↓

 







オススメ記事一覧

-十勝地方, 定番名所
-終年, 足寄町

Copyright© ひろしの道東観光案内所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.